【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ U-Road(ユーロード)2020 【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ U-Road(ユーロード)2020

和歌山U・Iターン就職情報サイト

会員登録 LOGIN MENU
無料会員登録しよう!

会いたい先輩に追加しました。
改めて、企業担当者からご連絡させていただきます。

会いたい先輩から削除しますか?

Company Info.企業情報

株式会社島精機製作所

トップへ戻る

株式会社島精機製作所

株式会社島精機製作所シマセイキセイサクショ

業種
メーカー
本社所在地
和歌山県和歌山市坂田85番地 地図

企業情報

企業からのお知らせ

ないものは自ら創り出す「Ever Onward」で、和歌山発の世界初を生み出し続けている
自社工場の見学や、自社開発ゆえに揺るぎない優位性を誇る自信のコンピュータ
「コンピュータデザインシステム」の機械に、実際に触れていただきます。

8月からインターンシップを実施致します!

インターンシップでお会いできることを楽しみにしております。

〜ないものは自ら創り出す〜 「Ever Onward」で、和歌山発の世界初を生み出します

島精機製作所では『無いものは自ら創り出す』という方針のもと、超精密金型部品からコンピュータの基板にいたるまで、ハード・ソフトの両面にわたって、一貫した自社生産を行なっています。

和歌山という地方に本社・工場をおきながら、長きにわたって圧倒的な世界シェアを維持してきたのは『EVER ONWARD〜限りなき前進』の企業理念のもと『世界初』にこだわり続けた開発力と、高度な生産技術が相互にかみ合ってきた成果です。

なぜ『世界初』を創り続けるのか。

それは、無いものは自分達で創ってやろうという創業以来の信念が全社員に浸透しているからです。

過去の延長線上の製品では、お客様にも満足していただくことは出来ません。無いモノを創り出し、新たなマーケットを創造していけるような製品を開発できた時には、お客様からも高い評価を頂きます。

シマセイキは、これからも創業の原点に立って世界で初めての製品開発を推し進め、常にお客様の立場に立って新しいモノを創造していきます。

設立 1962年
資本金 148億5980万円
代表者名 代表取締役社長   島 正博
売上高 521億6000万円(2017年3月実績)
従業員数 全体1224人 (2017年1月実績) (男:991人/女:233人)
平均年齢 39歳
事業内容 コンピュータ横編機・コンピュータデザインシステム・CAD/CAMシステム・手袋編機、靴下編機の開発・製造・販売
事業所 【本社・工場】
  和歌山
【支店】
  東京支店・東日本支店(新潟)・西日本支店(大阪)
【TSC】
  TSC甲府(山梨)・TSC太田(群馬)・TSC山形・TSC福島・
   TSC名古屋・TSC泉州(大阪)・TSC四国(香川)
グループ会社・関連会社 (株)シマファインプレス
ティーエスエム工業(株)
(株)海南精密
東洋紡糸工業(株)
(株)SHIMA
(株)サウステラス
(株)イノベーションファクトリー
沿 革 1962年2月
手袋編機の自動化という難課題をもって、現社長が株式会社島精機製作所を設立
1964年
全自動手袋編機(角型)の開発に成功
1967年
世界初の全自動フルファッション衿編機「FAC」を開発、横編機業界に進出
1971年
パリ開催のITMA展(国際繊維機械見本市)に全機種を出品。高い評価を受け、本格的な輸出に取り組む。
1978年
業界の生産革命につながるシマトロニックコンピュータ制御横編機「SNC」を開発。
1981年
シマトロニックデザインシステム「SDS-1000」を開発
1990年
大阪証券取引所市場第二部に上場
1995年
世界初、完全無縫製型のコンピュータ横編機「SWG」を開発
1997年
世界初のスライドニードルを搭載したホールガーメント横編機「SWG-FIRST」を開発。
2000年
All in Oneのコンセプトのもとに新デザインシステム「SDS-ONE」を発表。
2007年
ホールガーメントの立体表現を可能にしたデザインシステム「SDS-ONE APEX」を開発
2007年
大幅に生産性を向上させたホールガーメント横編機MACH2シリーズを開発。
2007年
第53回大河内記念生産特賞を受賞。
2008年
「フュージョンミュージアム」を開設
2011年
シミュレーション機能の強化・高速化をはかったデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を発表。
2012年
省電力化・省スペースを実現し、MACH2Xのラインアップを強化したホールガーメント横編機「MACH2X123」を開発。
2015年
世界初可動型シンカー搭載のホールガーメント横編機「MACH2XS」を発表。
2015年
本社においてISO14001認証を取得する。
2016年
全自動横編機が日本発明協会の「戦後日本のイノベーション100選」に選ばれる。
2017年
全自動手袋編機が「機械遺産」(日本機械学会)に認定される。
  • 独自の技術

    ホールガーメント横編機

    ホールガーメント横編機

    「ホールガーメント」技術とは

    簡単に言えば、縫製の要らない全自動ニット編み機。例えばセーター。普通なら、前身ごろ、後身ごろ、袖などを別々に編み、縫い合わせることで1つのセーターに仕上げます。しかし、この機械を使えば、無縫製で立体的なニットが作れる。縫い目によるごわつきがないので、シルエットが美しく軽くて着やすい。糸の素材を変えれば、ドレスなどのしなやかなシルエットも表現できるとあって、新しいニット製品を模索する世界のアパレルメーカーに導入していただいています。

  • 技術力・開発力

    横編機の組立ライン

    横編機の組立ライン

    日本でのこだわりのモノづくり

    「無いものは自ら創り出す」という考えのもと、超精密金型部品からコンピュータ基盤まで、ハード・ソフト両面にわたり一貫した自社生産を実施。「ホールガーメント」は、そんな高度な技術と前向きに仕事に取り組む社員の優れた感性から誕生した技術です。精密部品やコンピュータ基盤を専門に手がけるメーカーに引けを取らない技術力で、高品質を維持。「日本のモノづくり業界を元気にしたい」という考えのもと、圧倒的な優位性をもつ商品づくりに取り組んでいます。あなたもここで、日本のモノづくりに貢献してみませんか。

  • 職場環境

    緑に囲まれた本社工場

    緑に囲まれた本社工場

    良い製品は良い環境から

    和歌山の豊かな自然の中にシマセイキはあります。門を入ってすぐ右手にヘリポートを備えた本社ビル、その1階にニットサンプルと数々の美術品が置かれたエントランスホールがあります。社員の感性を磨きたいと飾られた美術品は、すべて本物。受付正面には、214インチのブルーオーシャンスクリーンを備えるハイビジョンホールがあり、ファッションショーも開催できる設備が整っています。敷地内の緑地庭園は、海外のお客様にも大好評で、また社員の憩いの場としても用いられています。1,550kwの発電量を持つ太陽光発電も完備され、地球資源の節約にも貢献。この環境が、シマセイキの独自技術を生み出します。

わが社の見どころ

工場緑化

工場緑化

シマセイキは、緑化に積極的に取り組み、敷地の約30%を緑地とし、CO2低減に寄与しています。

フュージョン・ミュージアム

フュージョン・ミュージアム

横編機、手袋編機などの実機を展示、楽しみながら見て触れることで「ニットのしくみ」を理解して頂くことができます。

太陽光発電

太陽光発電

各工場に大規模太陽光発電システムを導入、自然エネルギーを創出しています。

情報発信

情報発信

自社企画のオリジナルニットサンプルを作成。モノづくりを通じて、お客様にノウハウと最新情報を発信します。

工場緑化
フュージョン・ミュージアム
太陽光発電
情報発信

インターンシップ情報

1 件が公開されています。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
株式会社島精機製作所
〒641-8511   和歌山県 和歌山市 坂田85番地
TEL:073-474-8209   soumu@shimaseiki.co.jp
担当 総務人事部 人事グループ/山本昌也  
最寄り駅 和歌山電鉄貴志川線 神前駅

会社地図

  • 現住所
  • 休暇中の住所
(!)問題が発生した為、
ルートマップ機能は利用できません。
pagetop