【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ U-Road(ユーロード)2020 【和歌山で就職したい学生を応援する】わかやま就活応援ナビ U-Road(ユーロード)2020

和歌山U・Iターン就職情報サイト

会員登録 LOGIN MENU
無料会員登録しよう!

Special Contentsスペシャルコンテンツ

インターンシップって何? インターンシップって何?

大手から中小まで、さまざまな分野の企業が導入している「インターンシップ」。
学生にとってのメリットは?
基本を押さえたら、さっそく興味のある企業にエントリーしてみよう!

インターンシップの目的地元和歌山にこんな企業があったの!?

リアルな体験が自分を変える

「インターンシップ」とは、学生が在学中に企業などで就業体験を行うこと。
就職活動の一環ですから、小中学生のときに経験した社会見学といった単純なものとは意味合いが違います。「自分にはどんな職業や業界が向いているのか?」「社会人として働くとはどういうことなのか?」をリアルな体験をとおして考えるところに大きな意義があるのです。また、選ぶ企業や職場によって、現在研究中のテーマを掘り下げたり、新しい視点を持つきっかけにもなり得ます。

「社会人として働く経験」
=アルバイト?

いえいえ、まったく違います。
アルバイトは労働力としての人材ですが、「インターンシップ」において、学生は「労働力」ではありません。
実際の仕事を体験することが目的なので、企業もそのつもりでプログラムを組みます。サービス業などで接客体験をすることはあるかもしれませんが、あくまでも就業体験の一環であり、「時給◯◯円」で働くわけではないのです。アルバイトやボランティアはどちらかというと企業主体、「インターンシップ」は学生自身の学びや成長を目的にしているところが大きな違いといえそうです。

わざわざ参加するメリットってある?就活生だけが持つスペシャルな権利を使わない手はない!

「インターンシップ」できる体験は、たぶん一生に一度。

モノづくり企業、商品を仕入れて流通させる商社、消費者に販売する小売業など、世の中には多様な業種の企業があります。興味のある業種や職種の現場に片っ端から乗り込んで、それを実際に体験できるのは就活生の特権!こんなチャンスは二度とないでしょう。広告やネットの情報だけでは知ることができない業界の舞台裏、「ココだけの話」を聞かせてもらえたりして、ワクワクすることもあります。

興味のある企業に気軽に応募できるのもイイ!

応募が殺到する場合は選考が行われることもありますが、そこで選ばれなかったからといって気にしなくてもOK。「インターンシップ」の選考には落ちたけど、本選考で内定を勝ち取った!という先輩も大勢います。

意外な自分に出会えるのも「インターンシップ」の魅力。

● 友人に誘われてなんとなく応募したら、意外にハマってしまった。

● 「絶対この業界に行きたい」と思っていたけど、「インターンシップ」に行ってみたら、自分には合わない
ことがわかった。

など、やってみるまでわからないので、とにかく体験してみるべし!

どんなプログラム? 1dayなどの短期も増え、参加しやすくなっています

ガッツリ実務体験型~座学中心
までバラエティ豊か!

プログラムはいくつかのパターンに分けることができます。

  • (1)プロジェクト型

    「新商品の企画」「お客様へのサービス向上」などのテーマについて
    チームで話し合い、みんなの前で発表

  • (2)セミナー型

    人事担当者や社員によるレクチャーが中心

  • (3)体験型

    オフィスや工場で、実際の業務を体験。
    あるカーディーラーでは、新車の試乗体験という楽しいプログラムも☆

1日体験から長期まで、期間もイロイロ

1~2週間、1ヵ月という比較的長期の「インターンシップ」もありますが、近年、増えているのが1day型和歌山県内の企業でもこのタイプが目立ちます。
● まだ目標が定まらない人

● 業界や職種は決まっているけど、大手か中小かで迷っている人

● そもそも社会人になること自体に不安がある人

など、それぞれにいろんな悩みがあると思いますが、「インターンシップ」はそれらの悩みになんらかの答えを与えてくれるはずです。アポイントをとり、カレンダーに記載し、しっかりスケジュールを管理する。社会人にとって不可欠なスキルのまたとない訓練にもなります。

探し方や申し込みの仕方は? 就職情報サイトや企業のホームページで収集

いろんな企業に出会える就職情報サイト

先輩の動向を見てみると、「インターンシップ」の情報収集方法としては、就職情報サイトが主流(このサイトがまさにそれ!)お目当ての企業や業種が決まっている人は企業のホームページに直接アクセスし、プログラムを確認してみるのもgood。大学の就職課、キャリアセンターで募集していることもありますし、授業の一環で「インターンシップ」を実施している大学もあり、その場合は単位認定も行われます。

興味のある企業で「インターンシップ」がなかったら?

選考とは関係ない…とはいえ、第一志望の会社で「インターンシップ」を体験しておきたいと思うのが人情。ただ、希望の会社が「インターンシップ」を実施しているとは限りません。そんなときはどうすれば?

焦る必要はナシ!その場合は、同業種の企業の「インターンシップ」に参加してみましょう。そこで業界の知識を身につけ、第一志望の企業にエントリーする際に活かすのです。「お、この人は業界のことをよく勉強しているな」と一歩リードできるかも。災い転じて福となす、の強い気持ちで取り組んで!

どんな準備が必要?最低限、どんな企業なのかを知っておく

何も知らずに参加するのはNG

細部まで知り尽くす必要はありませんが、少なくとも事業内容や売上、拠点など、だいたいどんな企業なのか簡単にチェックしておきましょう。「何も知りません」では、企業の担当者も「なんでうちに申し込んだのかな」と思ったり、意欲がないと受け取られてしまいます。

カジュアルでも清潔感のある服装を

「私服でいいですよ」と言われたからといって、Tシャツにデニムはおすすめできません。カジュアルでも襟付きのシャツやジャケットを羽織るなど、崩しすぎないスタイルが無難です。

※ アパレルやファッションなど、業界によっては別の基準で判断されるところもあるので、柔軟に考えてくださいね。

当然のことながら、会社には20代の若手もいれば、30代、40代、それ以上の先輩もいます。感じ方もそれぞれですから、言葉遣いにも気をつけること。「インターンシップ」での注意点は、すべて就活本番や社会人としてスタートを切った後の人生で役立つことばかりなので、ここで身につけておいてソンなことは一つもありません。

インターンシップに
参加した先輩の声

多くの先輩が「インターンシップ」に参加し、そこで得たことを糧に就活を成功させています。
みなさんも受け身ではなく、何かを掴み取ってやろうという前向きな気持ちで臨んでくださいね。

  • 緊張で挨拶もろくに
    できなかったけど、
    やさしく接してくれて
    うれしかった!
  • どの仕事も一人では
    完結しない。
    チームワークが
    大事ですね。
  • 先輩と意気投合!
    この人たちと一緒に
    働きたいと思った。
  • 地元に日本有数の
    シェアを持つメーカー

    あることを
    初めて知りました。
  • 社員食堂で食べた
    昼ごはんが
    おいしかった。

Share on

  • facebook
  • twitter
  • instagram
pagetop